加齢と肌の老化

身体の中では、絶え間なく酵素でのコラーゲンの分解と新たな合成が繰り返され代謝を行っています。加齢が進むと、ここで保たれていたバランスが失われ、分解の比重が増えてきます。

美容関連の効果を狙いとして使用されるヒアルロン酸は、保湿作用を基本方針とした化粧水のような基礎化粧品やサプリなどに用いられたり、危険性ほとんどないためヒアルロン注射という治療法としてもよく用いられています。

セラミドは肌の角層において、細胞同士の間でスポンジのような役割で水と油分を抱えて存在する脂質の一種です。皮膚や髪を美しく保つために重要な機能を持っています。

そもそもヒアルロン酸とは全身のあらゆる部分に含まれている、粘り気のあるネバネバとした粘稠な液体を言い、生化学的に表せばムコ多糖類というゲル状多糖類の一種だと言えます。

よく聞くコラーゲンという物質は、若々しく健康な毎日を送るためにはないと困る重要な栄養成分です。健やかな身体を維持するためにとても大切なコラーゲンは、老化により代謝がダウンすると外部から補充してあげなければいけません。

加齢による肌の衰えケアの方法は、とりあえずは保湿に集中して実践することが一番忘れてはならないことで、保湿用の化粧品とかコスメで理に適ったお手入れを行うことが肝心の要素なのです。

体内のヒアルロン酸の量は乳幼児の時に最も豊富で、30代から急速に減少速度が加速し始め、40代の頃には赤ちゃん時代と比較してみると、約50%ほどに激減してしまい、60代の頃には相当の量が失われてしまいます。

皮膚の表面にある表皮には、頑丈なタンパク質より構成された堅固な角質層が覆うように存在します。この角質層を形作っている細胞間を満たしているのが「セラミド」という名のスフィンゴ脂質という脂質の一種です。

年齢を重ねたり太陽の紫外線に曝露されることにより、全身の至る所にあるラーゲンは硬くもろくなったり量が減ったりするのです。このような現象が、肌のたるみやシワが出現する主なきっかけとなります。